ダイエットの体験

私はダイエットに何度も挑戦しました。一度目はエクササイズや食事制限が書いてある本の通りに頑張り、52キロから48キロになりました。自分のなかでは満足のいく結果だったので継続せずにやめてしまうと、体重を毎日計らない私はあっという間に50キロに戻ってしました。目標は3キロ痩せることなので、また本に書いてある通り頑張りましたが半年かかりました。毎日同じ事をやらなくてはならないことが私にとっては辛く、20〜30分歩くのが一番辛かったです。二度目はパートの仕事をしました。立ちっぱなし、行ったり来たりと歩き回っていたので見事に43キロまで痩せました。その後私は、突然肩が痛み出したので肩の治療に専念するため仕事を辞めました。食事制限だけでは痩せない、やはり嫌ですが歩くしかないと思います。肩の痛みも良くなってきたので、毎日1万歩、歩くように頑張りたいです。しかし腰を痛めたため歩くことも止めましたその後、体重は年々増加。食事制限しても、体重は落ちなくなってしまいました。人妻 出会い系

皇太子さまを拝見しました。

 父と母と私と妹で皇太子さまを拝見しに行きました。皇太子さまは私の地元に育樹祭への出席と地方視察のため訪れました。雨が降っていましたが小振りだったので外で待つことができました。紙で出来た日の丸の旗が配られたのでそれをを持って、スマホも持ちいつでもシャッターを押せるようにしていました。何回か番号がかかれたバイクが通った後ついにご本人が乗った車が通られて、早めにシャッターを連続してたら私の写真だけうまい具合に皇太子さまの写真を撮ることができました。もちろんその後旗を振ることも忘れずに送りました。初めて皇太子さまを拝見した感想です。いつもはテレビでしか見たことのない方を身近で拝見することが出来感動しました。凛としていて姿勢の良い方だという印象でした。また、笑顔がとても素敵で私が撮った写真もとても良い笑顔で写っています。将来天皇になられる方です。なかなか拝見出来る機会がないのでこのような機会に拝見できてとても嬉しかったです。一括査定

プール開きの日にプールに行ってやる!

夏はプールに泳ぎに行きたい。秋に過食で太ってからずっと思っていました。でも、水泳グッズは1つもない状態で、まずは準備です。

6月にスポーツグッズを売っているヒマラヤで水着から帽子、ゴーグルとすべて買い揃えて完璧。7月から市民プールに泳ぎに行く予定にしていました。

プール開き1日目から行こうと決め、ついに本日オープンの日。その前日、天気予報は熱中症を警戒しないといけないくらいの猛暑。プールに入れば暑さを感じないから、絶好のお天気だと喜んでいました。

当日の今日、午前中は良かったんです。昼食を早めに食べてバッグに詰めて準備していたら、急に雨が降ってきました。といっても、小雨です。

若干気持ちが曇ったけど空は明るいのでまだ行ける可能性は十分あります。もう少し様子を見ていたら、一気に暗くなり、ゴロゴロ言い始めました。

初日のプール、行けなくなりました。

その間テレビが点けてあって、天気予報で竜巻注意報が出されました。プールどころではない。

出発しなくてなんて運が良かったんだとかえって嬉しくなりました♪
格安スマホのおすすめです

新しく買ったコルクボードは用途も広がりそう

新しくホームセンターから買ってきた大きなコルクボードを早速開封し、ドアの横のオープンスペースに据え付けてみました。

元々木目調だった部屋の壁にもベストマッチ。自ら撮影したピンナップ写真や記録写真、重要な紙面のお知らせやクレジットカードの明細等をピンで一通り留めてみたところ、すぐに部屋のインテリアの一部として馴染んでくれひと安心。これで気兼ね無くガンガン使っていけそうな感じになりました。

先に使っていたコルクボードは大きさこそ十分だったもののコルク自体の暑さも足りず、ピンで留めるのも不安定で大変扱い難かったのです。
時折ピンが落ちてしまい、気が付けば足元にピンが転がっていて大変危険なケースもあったのですが、今回新しく買い替えたボードはコルクも厚くその様な心配もありません。

前よりも若干面積が広がった事もあり、今後はそれまでの用途に加え、思い付いた料理のレシピやメモ等、忘れずに保存しておく目的でも活用しようかと考えています。

引越し 見積もり

食べ物の場合、自分が買ったものに責任を持つのが難しい!

子どもの日が1日前に終わりました。家族全員で分けて1日ですべて食べ切るために柏餅とちまきを買いました。それが、メインの食事でお腹いっぱいになってしまい、私は食べられたものの、父と母は断念しました。

結局1日経った今、柏餅2つ、ちまき1つ残っています。

昨日の夜、明日みんなでわけて食べれば完食できるから心配しなくて大丈夫と思ってました。本日、食べなきゃいけないものを残したまま、母とお腹いっぱいケーキを食べに行ってしまいました。

帰ってくると、もう甘いお菓子は今日はいい!と思って、結局ほったらかしです。こういうとき、つくづく自分は計画性がないと思います。無理して食べてお腹壊したり、食べられずに処分したものは過去を遡ると数知れずです。

最も恥ずかしいエピソードがあります。

私は中学のときブラスバンド部に所属していました。1年生のときの夏の大会のお弁当にコンビニで冷やし中華とおにぎり1個を買って持っていきました。会場でのお昼時間は意外にも短く、冷やし中華だけ食べて、おにぎり1個残ってしまいました。

大会終わってから片づけるつもりが、終わった足で友達と花火に行って、屋台でまた買ってしまったのです。

それで、家に着いた頃にはおにぎりの存在すら忘れていました。結局2週間後ぐらいに思い出し、かばんを開けるともう見たくもない状態になっていました。自分が買ったものをこれだけの期間忘れていたことは、中学のときだけです。